看護部紹介

熊本大学医学部附属病院 看護部紹介
未来の看護を担う方々の志を大切にし、 患者様とご家族、そしてあなたの未来を育む看護を目指しています。

熊本大学附属病院 看護部長 本尚美

高度先進医療の現場として、地域医療の拠点として、
すべての人の期待に応えられる看護環境を目指します。

熊本大学医学部附属病院の看護師に求められる役割は、いつの時代も多岐にわたるものでした。そのうちのひとつが、特定機能病院に相応しい看護実践力です。高度先進医療の最先端として、重症度の高い患者様に対応できる力が必要とされます。また、超少子高齢化が進む近年は地域医療の拠点として、急性期のみならず回復期、慢性期などにも視野を広げ、支えていく力も必要です。私たちの使命である、患者様の思いに寄り添った質の高い看護の提供が求められる場面は、これからますます増えていくでしょう。もちろん、そのための教育体制は充実しています。どの分野においても常に最新の看護を、確かな根拠をもとに学べるのは大学病院ならでは。また、クリニカルラダーシステムやパートナーシップ・ナーシング・システムの導入も、看護師の成長と安全安心な医療の提供につながっています。こうした体系的に整った教育、サポート体制を自ら積極的に活かし、熊本大学医学部附属病院の仲間として考え、行動できる皆さんとの出会いを、心から楽しみにしています。

 

看護部理念

  1. 変化する社会のニーズに対応し、すべての患者・家族に、より質の高い看護を提供する
  2. 専門職として常に研鑽を重ね、看護の発展に寄与する
  3. 大学病院の特殊性をふまえ、地域医療に貢献する

基本方針

  1. 患者の個別性を尊重した全人的看護の実践
  2. 安全安心で信頼される看護の実践
  3. 主体的に学び、仕事に自信と誇りを持った看護職の育成
  4. 他職種と協働するチーム医療の推進
  5. 魅力ある職場づくりの推進

平成29年度 看護部目標

A.安全安心で質の高い看護の推進

  1. パートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)の成果を可視化する
  2. 患者の個別性に応じた看護を実践する
  3. リスクマネジメントの取り組みを強化する
    1)薬剤関連のインシデントが前年度より減少する
    2)転倒・転落数が前年度より減少する
  4. 看護補助者が看護部の一員として業務を実践できる体制を整備する

B.クリニカルラダーシステムを活用した人材育成の充実

  1. 各部署においてクリニカルラダー各レベルの取得目標値を定め、達成に向けて支援する

C.職務満足の高い職場環境の整備と推進

  1. 年次休暇を計画的に取得する

D.病院経営への積極的な参画

  1. 効果的、効率的な病床管理を行う
  2. 地域包括ケアシステムを考慮した退院支援の充実を図る

(平成29年4月1日 看護部長  本 尚美)

大学病院にふさわしい知識と技術を習得し、それぞれが目指す領域で活躍できるように支援する体制を整えております。キャリアに応じて求められるスキルを、自分のペースで無理なく学び、ジェネラリスト、管理職、さまざまな専門領域へ高められることが特長です。
熊本大学医学部附属病院 看護部キャリア開発図

パートナーシップ・ナーシング・システム

看護師みんながベテランではないので、安全に、患者様に満足して頂ける看護を提供するため、パートナーと2人1組で行う看護方式「パートナー・シップ・ナーシング・システム」を取り入れています。重症の患者様も多く、治療方法も目覚ましい勢いで進歩する大学病院。チームを組んで、話し合い、確認しながら業務を行うことで仕事の質の向上にもつながっています。

パートナーを組む新人看護師×先輩看護師メッセージ

熊本大学附属病院看護部 PNS

間近で見る先輩の看護から、学ぶことがたくさん。

新人看護師 杉野彩佳/西病棟8階(小児科)2016年入職
入職して最初の頃は業務の流れや看護技術など、何もわからず迷うことばかりでしたが、日々先輩と一緒に看護することでずいぶん慣れてきました。齋藤さんはいつも笑顔で優しく、後輩からも、患者様やご家族からも人気のある先輩です。これからは技術だけでなくご家族とのコミュニケーションの方法などを、先輩から吸収していきたいと思っています。

先輩看護師 齋藤寿子/西病棟8階(小児科)2004年入職
指導の場面ではなるべく答えを言わず、一緒に考えることを心がけています。実際の業務ではこちらが教えるばかりでなく、一緒に看護し、フォローしあえる存在になってくれるので心強いです。そして、杉野さんをはじめ新人看護師とペアを組むことは、自分自身の勉強につながり初心に立ち返ることもできる、いいきっかけになります。