新人教育

高校生の一日看護体験(2017年7月28日)

「幅広い看護師の仕事」

 

第一高校 3年 國武 佳子

 私は、この一日看護体験でNICUを体験させていただきました。NICUについてあまり知らなかった私にとってこの経験は貴重なものとなりました。

 私は、赤ちゃんの沐浴とミルクあげをさせていただきました。沐浴では、体の洗い方や服の着せ方を教えていただきとてもためになりました。また、赤ちゃんの気持ちよさそうな顔を見てみんなが笑顔になっていたのが印象に残っています。

 ミルクあげでは、ミルクをあまり飲むことができない赤ちゃんにも工夫して飲ませていたり、一人一人のミルクの量を把握していたりとケアがしっかりしていると感じました。また、赤ちゃんだけではなく、お母さんたちの質問にも的確に答えていて、お母さんたちにとっても看護師さんは頼れる存在なんだなと実感しました。

 NICUではお母さんの状態を知るために産科など、他にもたくさんの科と情報提供をしてコミュニケーションをとっていると聞いてコミュニケーション能力も大切だと感じました。赤ちゃんとのコミュニケーションも大切で、看護師さんたちが赤ちゃんに笑顔で話しかけているのを見て、とてもキラキラしていてかっこよかったので私もこんな看護師になりたいと思いました。

 この体験によって、看護師という仕事が少し身近に感じられ、知らなかった分野の看護も知ることができたので参加できて本当に良かったと思いました。